バイク関連④アメリカのバイクツーリング事情 - ド素人がバイクでツーリングinアメリカ大陸

ド素人がバイクでツーリングinアメリカ大陸 ホーム » スポンサー広告 » バイク関連・海外ツーリング情報 » バイク関連④アメリカのバイクツーリング事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク関連④アメリカのバイクツーリング事情

自分が今回体験したアメリカでのバイクツーリング事情を書いていきます!
あくまで主観的なのでアメリカ長距離ツーリング旅行のご参考にしていただけると幸いです。笑

アメリカ バイク ツーリング ルート66


アメリカでのバイクの購入や登録については
バイク関連①アメリカでのバイクの購入・登録を見てください。
また僕よりもいいサイトが多数あるのでそちらを参考になされるのが正解かもしれません笑

②アメリカの道路事情について
まずご存知アメリカの道路は右車線です、距離はマイル(1mile=約1.6キロメートル)表記です。
赤信号は規制標識がなければ、右折OKです。また日本より歩行者優先の意識が強いです。

アメリカの都市部の道路は、全般的に凹凸や破損が多い傾向にあり、注意が必要だと思います。
都市部のハイウェイは車線や連結が非常に多く、旅行者はナビゲーションがないと厳しいと思います。
また郊外のハイウェイは整備されているところが多く安心して走行できますが、特に右車線にはバースト
したタイヤやバンパーが、「常に」転がっているので注意が必要。
ひかれた動物もよく転がっています。(アルマジロからシカまで。笑)
運転マナーは思っていたほど、悪い印象はありませんでした。
ハイウェイはみんな130km/hほどで走っているので、遅いバイクは注意が必要。
スピード取締もかなり見ましたので、安全運転ですね。


③アメリカでのバイク部品発注について
当然お店によって異なると思いますのでご目安に。
部品自体は日本に比べて少し高い気がします。
部品を発注してから手元に届くまで、ロスアンゼルスのディーラーで3~4日、部品専門店で2~3日が一般的みたいです。ただ一度、納期を平気ですっぽかされたことがあり、旅程の組み方に注意が必要です。笑

④アメリカでの工具・消耗品購入について
長距離ツーリングを行うのに、様々なバイク用品を用意すると思います。自分で整備される方も多いと思いますので、記録しておきます。

・「工具」は、ウォルマートwalmartなどの大型スーパーマーケットで安い物が大体揃います。タイヤレバーなどは事前にバイク屋で用意するのがいいと思います。

・「エンジンオイル」に関しては、946ミリリットルml缶が全てのガソリンスタンドに置いてあります。特殊な粘度やこだわる方は事前に用意するのがいいでしょう。また自動車用品チェーン店オートゾーンAutozoneなどでもたまにバイク専用オイルが手に入ります。

・「エンジンオイルフィルターやタイヤ」は、大型スーパーマーケットに数種類置いてありますが、事前に準備した方がよさそうです。(DR200SEのはありませんでしたが笑)

・「ブレーキフルード」もガソリンスタンドで売ってますがDOT3しか見ませんでした。DOT4はオートゾーンAutozoneなどの車屋さんに行きましょう。

・「クーラント液やH4バルブ」もガソリンスタンドで売ってることが多いです。
 

⑤アメリカのガソリンスタンド
憩いの場です。
アメリカはガロン表記(1gallon=約3.785リットル)。支払いはカードか、現金をカウンターで前払いする形式です。

ハイウェイの側道沿いには大体50kmごとぐらいにはあります。まれに100~150kmほどない場合もありますが、ガス欠したことは今までないです。夜でも7割がた営業しています。
大都市とド田舎、観光地のガソリンスタンドは、ガソリンが高い傾向です。
ほとんどのお店でエンジンオイルや簡単な工具が購入でき、タバコやドリンク・菓子・パンなどの軽食が販売されています。地図も売っています。
トイレも今までのお店は全部使用できました。(まれに鍵がかかっているので、店員に鍵を借りる。)
シャワー付きのガソリンスタンドもまれにありますが、使用したことはありません。
また、ガソリンスタンドの近くにモーテルやレストラン、お土産屋さんがあることが多いです。
エアーは基本有料です。


⑥その他
・アメリカのライダーはすれ違うとき左手で挨拶します。
レプリカ乗りはおしゃれに挨拶することが多く、オフ車やツアラー乗りもだいたい挨拶してくれます。笑
アメリカン乗り、特にイージーライダー系はたまに無視されます。笑 

・アメリカの一部の州ではヘルメットをかぶらなくていいそうです。(確かテキサス、ニューメキシコ州?)
しかし、中西部など虫が多いのでフルフェイスがジェットタイプがいいでしょう。

・多くの地域で携帯の電波が入ります。田舎の州間高速道路は、インターネット使用は厳しい場合が多かったです。ほとんど車が通らない砂漠や荒野もあるので、最悪のケースを想定すると携帯電話は用意したほうがいいです。
(※筆者はT-mobileを使用、イエローストーン周辺は電波が入りませんでした。ほかの地域も数箇所圏外でしたが記憶にございません。笑)







関連記事
バイク関連①アメリカでのバイクの購入・登録
バイク関連②携帯電話充電器の巻前編
バイク関連③携帯電話充電器の巻後編
にほんブログ村 バイクブログ バイク旅へ
にほんブログ村


格安チケット e航空券.com
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://americabiketouring.blog.fc2.com/tb.php/32-6e06a51a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。